アキレス腱断裂治療院

東京手術なし日帰り

アキレス腱断裂の専門家による、
第3の治療法「歩行治療」。

アキレス腱断裂はこれまで
手術療法か保存療法の二択でした。
しかし、どちらの療法にも一長一短があります。
そこで生まれたのが「歩行治療」です。
 
アキレス腱断裂の治療で最も大切なことは
すばやく患部まわりをギプス固定して
最速でリハビリ期間に移行することです。

歩行療法で1日でも早い回復をめざしましょう。

アキレス腱断裂「歩行療法」の5つの利点

日本でアキレス腱断裂のみを専門で治療する施術院は非常に珍しいです。
弊院独自の「歩行療法」という新しい療法について、その特長を5つの点からご説明します。

1

手術なし。即日ギプス施術

松葉杖なしで、歩いて帰れます。

2

ギプスは約1ヶ月

保存療法の約半分の日数で、リハビリに移行します。
リハビリは独自プログラムをご自宅で毎日行なっていただくことで、1日でも早い回復を目指します。

3

特殊技術のギプス

お一人お一人に合わせた患部まわりをケアする技術で、他の部位の筋肉を衰えさせず、回復にスムーズに導きます。

4

丁寧なメンタルケア

最大では約半年間にも及ぶ治療もあり、メンタル面においても長期のサポート体制が整っています。

5

保存療法より低い再断裂率(2021年9月時点。400症例以上の実績)

一般的に手術療法では1.7〜5.4%程度、保存療法で10.7〜20.8%程度の再断裂の発生が報告されますが、弊院では完治後の再発事例は非常に低く押さえられています(年間00症例のうちほぼ1件程度。再断裂率0.0%)。
スポーツなどの激しい運動にも復帰できます。

よくわかる歩行治療

STEP 01

初診通院(歩行ギプス固定)

歩行ギプスという特殊な固定を行う治療をします。手術はしません。治療直後にガニ股歩きで歩行可能になります。

STEP 02

歩行療法期間自宅療養(1ヶ月)

初診から1ヶ月間、普段の生活をしながら、ガニ股歩きとリハビリ運動を自宅で行ってもらいます。ラインやメールにて質問や相談を24時間受付ています。また、この間に途中診察でご来院し癒合状態をチェックすることも可能です。

STEP 03

再診通院(歩行ギプス除去)

初診から1ヶ月後、歩行ギプスを除去します。アキレス腱が綺麗に癒合し、固定なしの素足でお帰りになれます。

STEP 04

歩行ギプス除去後自宅療養

再診後は、1〜2週間かけてガニ股歩きから普通の歩行に戻し、自宅でのリハビリ運動を実施しながら、普段の生活に復帰していけます。アフターケアとしてアキレス腱の状態や体の調整などにご来院いただくことも可能です。

歩行ギプスを固定した直後に、松葉杖なしでガニ股歩く様子

当院では1週間に1度のご来院を推奨していますが、ご来院が難しい場合でもお電話等の対応を行なっています。
治療が長期的に及ぶケースもあり、メンタルケアにも力を入れています。

初回のギプス装着時と、約1ヶ月後のギプス除去時にはご来院をお願いしています。

アキレス腱断裂治療院ならではの特徴

安心の制度

もしアキレス腱がつながらなかったら全額返金いたします!

全額返金保証

これで患者様のリスクは限りなくゼロです。

それほど、自信のある治療法ですのでご安心ください!

アキレス腱断裂3療法の比較

  歩行療法 手術療法 保存療法
概要 手術なし、松葉杖なしで、歩行ギプスという特殊なギプスを使用し歩きながら治す。 アキレス腱を手術でつなぎ合わせる。多くは約一週間入院が必要。
松葉杖や装具も必要。
手術をせずにギプスを固定して、松葉杖をつきながら回復を待つ。
費用

治療費:150,000円
装具費:不要

治療費:約200,000円
装具費:約20,000~80,000円
治療費:約30,000円
装具費:約20,000~80,000円
ギプス固定期間
4週間
4~8週間
×
6~10週間
スポーツ復帰までの期間
4~6ヵ月
4~6ヵ月
×
7~9ヵ月
リハビリ期間
治療直後から開始できる
治療後早期から開始できる
×
長期間のギプス固定のため長いリハビリ期間必要
松葉杖
治療直後から松葉杖不要
術後数日間~数週間は松葉杖必要
×
6~10週間松葉杖が必要
仕事や普段の生活への影響
治療後から松葉杖が、歩行開始するので通勤や歩行も可能
松葉杖生活は比較的短いが入院や手術などで仕事を休む必要がある
×
長期間の松葉杖生活のため通勤や仕事、普段の生活に影響が出る
神経機能・筋力の低下
治療後から歩行開始、少ない
足をつけない期間が短く、少ない
×
足をつけない期間が長く、大きい
リハビリ期間
治療直後から開始できる
治療後早期から開始できる
×
長期間のギプス固定のため長いリハビリ期間必要
傷跡
手術しないので傷跡なし
×
傷跡が残る、癒着することがある
手術しないので傷跡なし
アキレス腱の療合後の太さや硬さ
正常と近い細さで綺麗に治る
×
太く、硬くなりやすい
×
太く、硬くなりやすい
手術による合併症のリスク
なし
×
あり
なし
再断裂の可能性
10%未満
10%未満
×
20%未満
保険適用
×
保険適用外
保険適用
保険適用
※こちらの情報はあくまでも「一般的な情報」であり、各病院や診療所によって費用や期間など異なる可能性があります。

お客様の声

お客様の声 一覧へ

先生のご紹介

酒井 康隆院長

池袋院

国家資格、柔道整復師の資格を所有する東京院の院長。治療からリハビリ、完全回復まで「歩行治療」の経験多数。(現在200症例以上) 実際に多くの患者様を診てきた経験を生かし、早期回復出来るよう、一人一人に合わせた治療を行う実績ある先生です。

原 幸夫院長

長野院

アキレス腱断裂患者様に対する「歩行療法」を30年間実施。200症例の実績を通してアキレス腱断裂に関する多くの知識とノウハウを持つ。患者様に寄り添い早期回復をサポートします。